スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻祖忌当日

10月5日(水)

blog-PA040475.jpg

鼻祖忌(達摩忌)の儀式の中で管長様がお唱えになった偈です。

「萬里(ばんり)西来(せいらい) 身を惜しまず

 少林 兀坐(ごつざ) 全身を露(あらわ)す

 言うこと莫れ 隻履(せきり) 空しく帰り去ると

 仰ぎ見る 熊峰(ゆうほう) 月一輪」


 恐れながら、意訳してみました。

 「達磨さんは遙か遠方のインドから海を渡って

 命がけでこの中国にやってきた。

  少林寺で真摯に坐禅をするお姿は真理そのもの。

  達磨さんが靴を片手に携えて 空しくインドに帰って

 行ったなんていいなさんな。

  見上げてご覧、ほら、達磨さんのお墓の上には今も

 ずっと変わることなくお月様が輝いているよ。

blog-PA050477.jpg

 おかげさまで、鼻祖忌は無事終了しました。

有り難うございました。久しぶりの雨ですね。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。