スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開山毎歳忌の偈

10月3日(月)


blog-PA020457.jpg

本日の開山忌の儀式の中で管長様がお唱えになった偈(げ)です。

「法の為に人を求めて 此の山を開き

 珠(たま)回(めぐ)り玉(ぎょく)轉(てん)じて 

 翠苔(すいたい)閑(しずか)なり

 弧筇(ここう)影に沈んで 尋ぬるに處無し

 舍利長(とこしなえ)に包む 天地の間」


 恐れながら、意訳してみました。


 無学祖元禅師は、仏法の為に仏の教えを伝える人材を

求めてこの円覚寺を開かれた。

 禅師は、玉がころころ転がるように融通無碍に教えを説いて生を

全うされた。時はたち、今、目の前にある禅師のお墓は苔むして

閑静な山の中にある。

 禅師が持っていた杖はいつの間にか消えてなくなり

見つけようとしても見つからない。

 でも、仏様の教えはずっと私達を包んでくれているよ。

(後記)

 おかげさまで、無事に開山忌は終了しました。

有り難うございました。さて、10月5日は達磨大師が

ご遷化された日、達摩忌です。明日午後4時から佛殿で

達摩忌宿忌(しゅくき・・・前日の行事)、5日は午前5時半から佛殿で達摩忌

当日の行事となります。



 










 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。