スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑草という・・・

9月26日(月)


blog-P9260385.jpg

黄梅院の階段ふもとにある白鹿洞の脇にたくさん生えています。

「雑草という名前の草はない。」と昭和天皇がおっしゃいましたが

よくみると、ひとつひとつ本当に立派に咲いています。これは、

合いの子栴檀草(あいのこせんだんぐさ)というそうです。

「花名」さん、有り難うございました。在来種の栴檀草と大正時代に

南米から渡来したコセンダングサの中間のようだということで「合いのこ」

だそうです。

blog-P9260386.jpg

「ヨーロッパには、雑草がない。」と和辻哲郎さんが言っています。

草木の名前を知り、その存在に気づくということは本当に大切なのを

実感します。

blog-P9260387.jpg

不思議なことにその存在に気づくと愛らしいものに思えてきます。

blog-P9260388.jpg

こちらは、犬酸漿(いぬほうづき)というそうです。ナス科です。

別名、バカナス。ほおづきやナスに似ているが、毒性があるため

役にたたないことから、このかわいそうな名前です。

blog-P9260389.jpg

静岡県の愛鷹山で発見されたことから、愛鷹麝香草(あしたかじゃこうそう)

というそうです。麝香とは、雄の麝香鹿の腹部にある香囊から

得られる分泌物を乾燥して作った香料、薬を言います。

 管長様に教えていただいて、葉っぱをこすってにおいをかいでみると

確かに香料のような不思議な香りがします!麝香に似た匂いがすることから

「麝香草」だそうです。黄梅院の参道に脇にいくつか咲き始めてきました。

  人は生きることを難しく考えすぎるけれど、動物や植物は

迷わずまっすぐ生きています。そこから学ばされることは

本当に多いですね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

正に、名は体を表す。本質を表していますね。
名前を知ると、ぐっと親近感が湧きます。
洋の東西を問わず、名前を知ることで相手を支配できるとする考えがあるようで(オデッセイア、大工と鬼六、千と千尋の神隠し等々)、名前をつける、名前を知ろうとする、というのは興味深い行動です。
それにしても、管長様はいつ剪定の技術や珍しい植物の知識を身に付けられたのでしょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。