スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命あればすべてある(その1)

9月11日(日)その1


 管長様が日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。


 毎日新聞のコラムに「命あればすべてある」という題の記事が

ありました。福島在住、NPO法人理事長、40代のアフリカ人女性の方の

記事です。その方は、母国ルワンダの内戦から逃れるために1994年に

福島に移り住みました。JR福島駅前のビルの近くで震災に遭遇し、娘2人と

車の中で過ごされたそうです。震災から3日目、初めて津波の映像を見たとき

「何も残されてはいないではないか」と衝撃を受け、なにもかもなくした

母国ルワンダの内戦での記憶がよみがえってきたそうです。

朝、「行ってきます!」と言って出て行った家族が帰って来ない。

夕方、「また、明日ね!」と別れた職場の友人と二度と会えなくなった。

今までの生活がある日を境にして消えてしまう。今回の津波もそっくりだ。

被災者の気持ちが痛いほどわかったそうです。

 しばらくしてから、その方は避難所をまわってコーヒーを配りました。

その時に「自分はなぜ生き残ってしまったのか?」と自分を責める

年輩の男性に出会ったそうです。その方は、男性に話しかけました。

「私は(内戦で)全部なくしたけれど、命があったから今こうして

おじさんに出会えたのよ。」すると年輩の男性は元気な笑顔になってくれた

そうです。
 
 人は生きてさえいればすべてあるのだ!

 夢をえがいたり、出会いもある、誰かを元気づけられるし、誰かから

元気をもらうこともできる。生きているからこそできることはかぎりなく

ありますと。

blog-P9080199.jpg


 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。