スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一念

8月21日(日)


 管長様が土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 我々は一念を起こすから、我と他人、自分のものと他人のもの

男と女、是と非などが出てくるのであります。自分が一念を起こすから

万般のものがあらわれてきます。

 我々は世界があってその中に自分があると思いがちですが

禪的な立場で言えば、我々のこの一念が起こったから、世界が

あるのであります。ですから、この一念を断ち切れば世界は

ないのであります。 世界があるのもないのも自分次第なのであります。

 
 人間みんな同じ世界に暮らしているように思いますが、見ている世界は

めいめい別物であります。だいたい人は自分の関心のあるもの、

欲望の対象となるもの、そういうものしか見えていないのであります。

関心のないものは、そこにどんなきれいな花が咲いていようが見えない

のであります。花の好きな人はここにあそこにと花が見えます。また、

泥棒は人がお金を持っていそうか、そうでないかを見ています。

花の好きな人には花好きの世界、泥棒には泥棒の世界であります。

要するに、自分の一念がこの世界を作っている!のであります。


 大切なことは、一念も起こらない無の世界にふれて

かといってそこにとどまらずに再び、有の世界・現実の世界に

戻ってきて、どうすればみんなが幸せで安らかになるか

願いを打ち立てていくことであります。
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。