スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同帰施餓鬼

8月16日(火)


 今日は、午前中、本山檀家さんの施餓鬼、山門施餓鬼に出席。

 10時から管長様の法話、11時法要でした。

blog-P8160426.jpg

妙香池の百合が咲き出しました。方丈前の池の周りの百合もです。

blog-P8160425.jpg

これから、いっせいに花を開いていくでしょう。楽しみです。

 18時からは円覚寺境内の外にある同帰という墓地でのお施餓鬼に

 参りました。

 管長様をはじめ塔頭の和尚様方が集まり野外の祭壇の前で

 お経をあげまた。

blog-P8160430.jpg

blog-P8160432.jpg

同帰の墓地には、その昔修行の途中で亡くなった僧のお墓があります。

お地蔵さん手前の卵形のお墓(卵塔)がそれです。修行の途中で無念にも

命絶えた僧の遺体を、当時はお寺の境内にお墓をつくるのは、よほどの

高僧しか許されなかったので、境内外の場所に埋葬したそうです。

おそらく、仲間の僧が涙ながらにここまで遺体を運んできたことを

想像すると心傷むものがあります。

同帰施餓鬼では、そうした亡僧のご供養もいっしょにします。

blog-P8160435.jpg

夜は7時から盆踊りでした。2日目で抽選会が始まることもあってか、

昨日よりも多くの人が集まりました。

blog-P8160441.jpg

子ども達が走り回り、浴衣を着た小さな女の子がお母さんといっしょに

踊る姿などほほえましい風景に心が癒されます。

明日が盆踊り最終日となります。







 

コメント

No title

画像のほっそりした白百合は、この4~5年で急に北鎌倉周辺で目に付くようになった野生?の百合ですね。方丈前の池の周囲にも先日来たくさん伸びてきていたので、咲いたらきれいだろうな...と楽しみにしていました。ただそこでもこの種の白百合が目に付き出したのは近年のことのような気がするのですが。
少し見当を付けて調べてみたところ、多分タカサゴユリではないかと思うのですが、もしそれなら台湾固有種が移入されて拡がった帰化植物とのこと。(Wikipediaによると)この百合は連作障害がでやすく、「一時的に根付き拡がっても数年経つと姿を消す場合が多い」「種子が辿り着いたその地(で条件が合えば)生育して勢力を拡げ、ときに群生して大きな花を咲かせるも、数年経つとまた他の地へ旅立つように去ってゆく。」とのことです。面白いですね。いつか去ってしまうと思うと、とても名残惜しい気もします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。