スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るく精一杯!

7月22日(金)その2


 管長様が夏期講座で提唱されたことをまとめてみました。


 ある終末医療のお医者さんが言われた言葉があります。

「多くの人の最期を看取ってきたが終わりの美しい人、最期の

きれいな人というのは、どの道にせよ、それまで精一杯生きてきた

人である。それから何につけ人に親切に尽くしてきたである。」

 震災以来、無常ということを私達は目の当たりにして大変なことに

めぐりあい、そうしてこれからも困難なこともあるだろう。

そういう困難な中であろうと力のある限り、命ある限り、私達は

自分に与えられたこと、自分のなすべき事を精一杯明るく努めて

いかねばならない。そして周りへの思いやりの心を持って生きていく。

こういう心がお釈迦様が一輪の花にたくして示されたお心では

ないかと受け止めております。その花の心を忘れずに努めて参りたいと

思います。

blog-P7100142_20110722202922.jpg






コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。