スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の遊び

 7月9日(土)


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 「一鉢千家の飯、孤身、万里に遊ぶ。」

(この言葉は、)よく墨跡で目にすることがあります。

これは、あの布袋和尚の偈です。雲水が托鉢をしている絵の

讃によく使われます。一つの持鉢をもっていれば、千軒の家から

次から次へとご飯をもらうことができる。私たちのこの体一つを

見ても、どれだけ多くのお布施をいただき、点心をいただき、

ご供養をいただき、みなさんの体がそこにあることか。

 千軒、万軒のご供養のかたまり、たまものがこの体で

あります。この体をもって「弧身、万里に遊ぶ。」

どこへでも、自由に遊んでいく。

 観音様が「遊於娑婆世界」この娑婆世界に於いて遊びたもうと

あるように、この体が多くの檀信徒の方のお布施、ご供養の

たまものであるのだから、この体をもって、観音様があらゆる

人々を導いていかれるように、どこへいっても苦しんでいる人が

いたら、常にその人の所にいってあげようという願いがこの

「万里に遊ぶ。」という言葉である。

 観音経では、苦しんでいる人々がいると観音様は必ずその声を聞いて

その人の前に姿をあらわすとあります。そういう働きを観音経では、

「遊於娑婆世界」と表現しています。


blog-P7090141.jpg

今年の布教標語です。「今いのちあるは ありがたし」

管長様がお書きになられたものです。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。