スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干しを作ろう!

6月8日(水)


 今日は、昨日黄梅院で収穫した梅を漬けました。

一番シンプルな方法でやってみましたので、みなさんも

参考にしてください。

blog-P6080091.jpg

「え!これだけでいいの?」居士驚きです。

用意するもの・・・梅5キロ(今年は黄梅で5キロとれました。)

 塩(梅の5分の1の重さが昔から伝わる重さだそうです。よって約1キロ)

 ビン(今回は、樽ではなくて中の様子が見えるようにビンにしました。)

 リカー(殺菌、消毒用。梅干し作りの大敵は、カビ。)

 はかり(なんでもよし、ちなみにメタボ体重計はなかったので代用。)

blog-P6080092.jpg

「うーん、すこし、ヒリヒリするなあ!」

ビンやボール手に触れるものは、みなリカーで殺菌します。

ボールにリカーを入れて、よく殺菌しながら、ビンに移していきます。

blog-P6080094.jpg

「順調!順調!」ご満悦の居士。

塩をまぶしながら、梅を入れていきます。塩は上から下に落ちますので

上の方にいくほど、まぶす塩の量を増やしていきます。

blog-P6080095.jpg

「なんだ、重しいらないのか。」少し先走った居士。少しがっかり。

今回は、「重し」を使わない方法です。

blog-P6080099.jpg

「できた!これで、一安心!」

全部積み終わったらおしまいです。仕込みはこれで完了です。これで

4~6週間つけこんで、梅酢があがってきたら1日1回ビンを斜めにして

上段まで梅酢がかぶるようにします。そして、天気の良い日が続くときに

「干し」となります。

blog-P6080104.jpg

残った梅は、はちみつ漬けにしました。(単純にはちみつの中に

いれるだけです。)漬かると、実は食べることができ、

エキスがでたハチミツは、水などで割って飲むことができます。

 「干し」編は、また、後日に報告します。






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。