スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正受老人崇行録提唱

 5月21日(土)


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


自己本来の観音様とは何であるか?それは、仏心と言ってもいい。

観音経には、どんな火の中であっても、観音様は救ってくださる。

どんな水の中であっておぼれても、救ってくださる。

盗賊にあって危険にさらされても、救ってくださるとある。

 読みようによっては、一見何とも自分たちの勝手な願いを

かなえてくれる現世利益的なお経のように思われがちですが、

それは、本当は、観音様の何としてでも苦しんでいる人を

救っていきたい心の表れであります。

 わが子が火の中にあれば、火の中へ入って救ってあげたいのが

親の心であります。わが子が水の中でおぼれていたら、水の中へ

入って救う。わが子が災難にあっていれば、自分がどんな目に遭おうとも

救いたいと思うのが親の心であります。

 そんな親の慈悲の心、深いいくつしみと思いやりの心、

人々の悩み苦しむ姿を見て、自分はどうなっても救って

あげたいと思うのが、観音様の心です。私達誰もが

生まれながらに持っている仏心であります。

 せっかくもって生まれた観音様の心を私達は自分の

様々な妄想、貪りによって覆い隠してしまっています。

 妄想、分別を断って自分の中の観音様の心に目覚めるのが

坐禅の修行であります。




コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。