スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキの喩え

 5月17日(火)


 先日の企業の方向け坐禅会の提唱の続きです。

管長様が何のために坐禅をするのかをわかりやすく提唱されていました

ので、紹介します。

「たいがいのほとんどの病というのは、これは考えすぎることから起こる。

いろんなことを考え、思い煩う。これによって、人間はもう自分で自分の

首をしめることをやりかねない。確かに、考えることは大事で、すばらしい

道具の一つではあるが、考えすぎるとろくな事はない。

 坐禅は少し考えすぎているときに、考えを少しとめること。

その手段として、腰をたてて、そしておへその下、おなかに自分の重心を

おいて、肩の力を抜いて、静かに呼吸をする。ほんの一時でも、坐禅の要領は

  過ぎたことは、気にしない!

  これから起こることも、気にしない!

 この二つなんです。過ぎたことは、まあいいや!。これ以上思っても、

どうしようもない。これから起こるであろう事も、まあどうにかなるだろう!と

気にしない。そして、今の一時、今自分が生きていることがすばらしいことに

気がつくことであります。

 そうは言いましたが、この坐禅会終わって仕事に戻ったときには、一生懸命

考えてください。(そうしないと、仕事になりませんから)

 けれども、(仕事が終わって)おうちに帰って、お休みをするときなどは、

どこかで(考えを)断ち切ることのできる力を持ってもらいたい。それは、

ジョギングでもなんでもいいんです。考えを断ち切るときには、考えを断ち切ることが

できるように。

 車が走るには、やっぱりブレーキが必要です。それでは、ブレーキは

何のためにありますか? 私は、よく走るためにあると言いたい。

よくブレーキがきけば、安心して走ることができるわけであります。

しっかりブレーキがきくということがわかっていれば、安心してスピードが

出せます。考えることにひとつブレーキをかける。よくきくブレーキをかける

手段方法をみにつけておくことが大切だ。

 すんだことは、まあいいさ!

 これからのことは、どうにかなるさ!

今の一時をしっかり見つめよう!坐ろう!生きよう!

そんな気持ちで坐るのが、坐禅であります。

blog-010_20110517193625.jpg

「どじょう居士」坐像。












 

 



コメント

ブレーキ

よいお話をありがとうございました。”考えを断ち切るときには断ち切れる力”、毎日の中で意識して真に今に生きることができるよう努めたいです。

「どじょう居士」さんはどじょうの・・・何ですか?(笑)

No title

何日か前から、気にはなっていたのですが
どじょう居士でしたか!(笑)
ご供養に出てこられたのでしょうか…

No title

飄々として愛らしい、この「どじょう居士」さんは、どういった来歴の方なのでしょうか?一匹欲しいです。

No title

今日もほほーーといいお話を拝見できていいスタート。考えることは,大事。
でも何事も考えすぎてもいけず。なるほどなるほど。そして締めのどうじょう居士の登場に、思わず笑ってしまいました。どこかがほっこりするような笑い。どうじょう居士ここに在り ふふふ、、、。居士林のどこかに潜んでいらっしゃる?いつかお目にかかれますように。

「思う」から「考える」へと発展するように感じますが、「誤魔化したいな」「楽したいな」等というよこしまな(笑)思いを満たそうという時には、実にイロイロと考えねばならず、延々と考える”泥沼”にはまりがちなように思います。

せっかく頂いた「考える」という機能。くだらないことを考えるために使うのではなく、良い方向に使いたいものですね。

どじょう居士、かわいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。