スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日追善供養法要

 4月28日(木)

 
 本日は、円覚寺仏殿での「東日本大震災追悼法要」に参加して

参りました。

blog-055_20110428123241.jpg

blog-046_20110428123107.jpg

 はじめに、管長さまが偈(漢詩)をお唱えになります。

「乾坤(けんこん)震裂(しんれつ)す 大災殃(だいさいおう)

 波襲い 家流れて 實(まこと)に傷むべし

 専ら願うところは 海安らかに 人亦穏やかならんことを

 恭しく焼(た)く 追善一爐(ついぜんいちろ)の香(こう)

blog-048_20110428123050.jpg

blog-047.jpg

 観音経普門品世尊偈を奉誦。

blog-049.jpg

 終わって、参列者の方の焼香です。

大震災で犠牲になられた方に心よりご冥福をお祈り申し上げます。


(後記)恐れながら、管長様の偈を意訳してみました。

 「天地が裂けんばかりにゆれて 人々は大惨事に見舞われてしまった。

  大津波が家々をのみこんでいく姿をみると 本当に心が張り裂けそうだった。

  あれから四十九日。今はただただ、海が安らかで、被災された人の心も亦

  穏やかになること祈らずにはいられない。

  祈りを込めながらこの一弁のお香をたく。」
















コメント

No title

参列させていただきました。
東北に知人が多くおります。管長様はじめ和尚様方の力強い読経のお声、心強く拝聴いたしました。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。