スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僧堂攝心3日目

4月22日(金)


 老師が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 坐禅の要領は、まず第一に腰骨をたてること。

おしりを後ろにつきだして、その上にぐっと腰骨をつきだすように

たてる。肩、胸の上体の力を抜いて、おへその下に力がおさまるようにし、

下腹部、おなかに力を入れる。

 次に呼吸を見つめる。

1から10まで無心に自分の呼吸を数える「数息観」が基本。

全身の意識を呼吸に集中する。あごをひきつけて、奥歯をかみしめて、

目を一点に見据える。ただ、ぼやっと漫然としてるのではいけない。

明確に意識しながら、自分の呼吸の様子を冷静に観察する。

自分の考えや思いをひと摘むいでく。

あたかも外の景色を静かに眺めるがごとく

冷静に淡々と見つめること。


 これが、小さな自分という者に対する思いこみやとらわれから
 
離れていく訓練の第一歩だ。

コメント

No title

どこまで行っても基本は基本なのですね。

腰骨を立てて歯をくいしばって必死で座れと教えて下さった先輩や
近頃の人は水撒きや蓑の使い方も知らないと苦笑しながら教えて下さった先輩、
時間があれば絶えず繕いものや洗いものの仕事を作り出す働き者の先輩に
色々なことを教えて頂いたな~と感謝しつつ、懐かしく思い出すことがあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。