スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月21日

本日の提唱(碧巌録43則洞山無寒暑)【頌】

垂手還って万仞の崖に同じ
老師は、この禅語について説明された。

優しく手をさしのべることも、厳しく接することも、同じ慈悲の働き
しかし、そこに作為があってはいけない。
この按排は、よほど修行しないとわかるものではないが、これがなければ今日の禅はなかった。

一遍上人
捨て果てて身はなきものと思えども、雪の降る日は 寒くこそあれ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。