スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧巌録53則

2月20日(日)


 老師が土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 チベットの坊さんが監獄で拷問を受けたあと解放されました。

一人の坊さんが「君は、拷問をしたやつらをゆるすことができるか?」

と問いました。もう一人の僧は「あんなひどい仕打ちを受けたのだから、

絶対に許さない!恨み続けてやる!」と言いました。それに対して、

質問した坊さんが「君はまだ監獄にいるのか」とたしなめたそうです。


 許さない!恨んでやる!といつまでも監獄の中にいるのと同じような

思いを引きずっていたのでは、体にも悪いし、冷静な解決にも

つながらない。

 体というのは、正直。そんな過去のことをとらわれず

常に、新しく生きようとしている。頭の中でゴチャゴチャ

ぐじぐじ考えていようと、自分の細胞のすべては常に全力で

生きようとしている。どこにも迷っているとか死のうとしている

細胞はない。

 自分の体に耳を傾けて、変転自在に今を生きよう!

コメント

No title

真偽のほどは定かではありませんが、「腰痛は<怒り>である」なんて本もありますね。「怒らないこと」という本が売れていることからも、怒りは悪いことだと認識しつつも、それを乗り越えられないでいる人が多いんだろうなぁと思う昨今です。
ちゃんと自分の身体の声が聞ければ、そもそも過労死なんてことはないのかもしれないですね。

こころと身体

過去に捕らわれ、ひっ掛っているのはこころなんですよね。
身体はそんなこと関係なく、だまって息を吸い、息を吐いている。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。