スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧巌録52則

 2月6日(日)


 老師が土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 「修行をすると人はどう変わりますか?」という問いに

ある老師は次のようにお答えになったそうです。

「私自身の経験からすると、修行をすると人に対して

やさしくなってくる。そうでなければいかん。

仏教では、これを慈悲といいます。」


 人はタフでなければ、生きていけない。

 しかし、やさしくなければ生きる力がない。

相手に応じて、人に応じて自在に相手にしていく。


 禪は、自分自身においては無我、人に対しては慈悲。

何にもない所から出てくる心のはたらきというものは、

和やかであり、穏やかである。


 己に対しては無我! 人に対しては和合・慈悲!

 
 <お知らせ>

    平成23年度春季学生大攝心、参加希望の応募を

    本山のホームページ上で開始しました。

    毎回、初心者の方も多く参加しています。

     なお、3月5日(土)6日(日)は、学生坐禅会のため

    土曜坐禅会、土日坐禅会ともに休会となります。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。