スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧巌録51則その2

1月16日(日)

 老師が土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。

 「猫の妙術」というお話があります。

大きな鼠が出た家の主が飼い猫や近所から強そうな猫を集めて

退治しようとする。しかし、その鼠は猫がくればとびかかり、くいつき

あまりに凄まじいものだから、猫どもはすべて尻込みしてしまい

主人は困ってしまった。六、七町先に並々ならぬ猫がいると聞いたので

早速借りてきて見れば、あまり利口そうではない。が、かの部屋にいれると

例の鼠は身をすくめてしまい動かない。古猫は何事もなげに、のろのろと

鼠のそばへ歩み寄ると難なく鼠をくわえて戻ってきたそうな。

その古猫に他の猫がいろいろと極意を尋ねていくが、自分よりも

さらに上の猫の話をする。その猫は終日眠っていて気勢もなく

木で作ったような猫であった。人々もその猫が鼠をとるのを見たことが

なかったが、その猫の行くところ近辺に鼠の姿をみることがなかったそうな。

古猫はその猫にその理由を4度尋ねたが4度とも答えなかった。

「真に知るものは言わない。言うものは知らず。」


  我があるから、敵がある。我がなければ、敵もあるまい。

 対するものがなければ争うこともない。ものと我とともに

 忘れて静かに心安らかになれば自ずと一つになる。

  古猫が縁側でぽけっとあくびして、それでいてちゃんと

 平和にものごとが治まっていく。

  あの人がいるだけで、なんとなしにその場があたたかくなる。

 あの人がいるだけで、なんだかその場の雰囲気が穏やかになる。


  それは我があるか、我がないか次第だ。

    冬日向 古猫一つ 大あくび 






 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。