スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月6日(土)~8日(月)   

平成22年春季学生摂心が行われた。

6日午後5時に集合。受付開始。皆さん緊張の面持ち。

男性36名、女性15名。ちなみに、この人数が居士林のキャパシティーの限界です。

7時過ぎ、老師の御垂示(有り難いお言葉)

  「摂心」とは、心を攝(おさ)めること。
  
   腰を立てて座ることなどを話された。

翌7日朝4時起床 朝課(読経) 坐禅(男性は、居士林。女性は、選仏場)

6時過ぎ 粥座(竈に薪をくべて作ったお粥を作法に則って頂く)

9時 老師の提唱

 今回は、「菩薩願行文」のお話

    ただ努力をするだけではなく、「智慧」が必要。
  
    正しい方向に向かって、努力をするためには、

    「智慧」を身につけなければならない。等話された。

終わって、齋座(お昼ご飯)・・・メニューは、ご飯と野菜たっぷりの味噌汁、たくあん

午後は、黄梅院にて、老師もおいでになり、延命十句観音経を読経する。

晩は、仏殿にて、坐禅。

 8日(月)の老師の提唱 昨日に引き続き「菩薩願行文」

 私なりに要約をしてみますと、

    修行をして無心になると、慈悲の心に気付く。

    慈悲の心が自然と湧いてくる。

    死刑囚の歌人島秋人さんは、死という現実に直面することによって、

    期せずして、慈悲の心に気付かれた。

    その歌は、どれも慈愛に満ちたものだ。

    絞首刑になる直前の最後の言葉も慈しみにあふれている。

    そういう、慈悲の心に気付けるように我々も努力をしよう。

 終わって、総茶礼(解散式のようなもの)・・・参加者の方一人一人、感想を述べていく。

 老師が、最後のお話の中で、皆さんの座禅会に対する意見要望を遠慮せずに

 言ってくださいと強調していました。

  
       


     
 




 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。