スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提唱 碧巌録49則

 11月7日(日)


老師が提唱されたことをまとめてみました。


 坐禅の修行は (良い意味で)バカになる修行だ。

時には とぼける所が出てくると奥が深い。

「強に逢うては即ち弱」

強くでてきた相手に対して まともに相手をすればお互い傷つけかねない。

そこで とぼけたふりをしてサラリとその場を切り抜けることも時には大切。

それが 本当の掛け合い。勝負をしないという手もある。

どっちが勝ったどっちが負けたというものを超えたところ。


 にんげん あんまり賢すぎても長持ちしない。

理論理屈をたたかわすのではなく 暖簾に腕押しじゃないが

ぼやーっととぼけているようなところに味わいがある。




 
 


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。