スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臘八5日目

12月5日(木) 臘八大攝心 5日目


blog-DSC02875.jpg

<円覚寺山内・居士林 山門>


 横田南嶺管長が提唱されたことをまとめてみました。

 坂村真民さんに「鈍刀を磨く」という次のような詩があります。


{鈍刀(どんとう)をいくら磨いても
  
無駄なことだというが
  
何もそんなことばに
  
耳を貸す必要はない
  
せっせと磨くのだ
  
刀は光らないかも知れないが
  
磨く本人は変わってくる
  
つまり刀がすまぬすまぬと言いながら
  
磨く本人を
  
光るものにしてくれるのだ
  
そこが甚深微妙(じんじんみみょう)の世界だ
  
だからせっせと磨くのだ}


いい加減に磨いている人は、いくらやったって何にもなりません。

坐禅の修行で一番慎むべきこと、おそるべきことは、何と言っても

惰性で修行をすることです。


 惰性でやっていたのでは、いくらやっても何にもなりません。

必死になって修行に打ち込むのです。全身から玉の汗が出るくらい

一生懸命にやる。


 そうすれば、刀は錆びついてどうしようないかもしれないが磨いている

本人が光ってくる。一生懸命に修行に打ち込んでいる本人が光ってくるのです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。