スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッサパ

11月18日(月) その3


 今日は、夕方から東京・有楽町のよみうりホールで行われた「禅をきく講演会」

に行って参りました。第1講は音楽説法グループの「カッサパ」でした。


 この「カッサパ」というのは宮城県気仙沼の地福寺の住職さんが東日本大震災で

被災された人々を励まし、1日も早い復興をとの思いを世に発信しなければならいと

活動をしているグループです。

 
 地福寺のお寺も、落慶間もない本堂、庫裏等が津波にのまれ、また住職さん自身も

津波の難から九死に一生を得る体験をされています。檀家さんも大勢がお亡くなりに

なりました。 


 今日の公演では、住職さんがボーカル兼節語り、その弟さんがドラムスを担当し、

その他に津軽三味線、キーボードの方がおられ演奏をされました。


 何と!般若心経のバンド演奏で始まりました。とても新鮮でした。

「ギャテーギャテー・・・」がさびのようで和尚さん、力を込めて歌っておりました。


 公演の中盤では、「延命十句観音経」、さらには管長さんが作詞された

「延命十句観音和讃」がバンド演奏されました。それには深い因縁があります。


 地福寺の和尚さんが震災直後、絶望的な状況にあるときに、横田南嶺管長が被災地支援に行った

雲水さんに托して地福寺さんに送られた「延命十句観音経」の一枚の色紙がたいへんな励みになった

エピソードをステージ上で語られました。


 [人間、本当に追い詰められたら祈るしかない、では何を祈ったらいいか]と思っていた

和尚さんのもとに偶然、その色紙は届けられたのでした。それからは、被災された檀家さん

といっしょに延命十句観音経を唱え、その意訳朗読されたそうです。


 ですから、延命和讃の演奏は特に感動的でした。


 





 


 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。