スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山の坐禅会

11月9日(土)


blog-南嶺老師

blog-禅会


文京区白山道場龍雲院にて坐禅の集い。

本日は碧巌録第三十二則「定上座佇立」を提唱していただきました。


「十方世界を坐断する」

別段、あちらこちらに出かけて坐らなければならない、
 
というわけではございません。

ここ白山道場に居れば、只今この瞬間、こうして単布団の上で坐禅している。
 
これこそが「十方世界を坐断する」ことに他ならないのです。


十方世界を尻に敷いてドン坐る、今ここで坐っている

ただこれだけで良いのです。


 研修会にてある若い和尚さんから、「自分が法話するその前日は徹夜をして勉強している」

という話がありました。それに対して管長さんは「がんばって勉強しても、

勉強すればするほど話が難しくなる。私の話はとても解りやすいと言われますが、

そのコツは特別に勉強しないことなのです。前の日はぐっすり寝て、当日は元気にお話をする。

その溌剌とした姿をみんなに見て頂くことがお説教であり、それが仏法なんです。」

と仰っしゃいました。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。