スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石の手紙

9月17日(火)


blog-DSC02395.jpg

 今日は、円覚寺山内・臥龍庵(並びに帰源院)前住職様の小祥忌(1周忌)でした。

こちらは、導師である横田南嶺管長が法要中にお唱えになった漢詩です。

「秋爽やかなり 帰源の古法場

禅風 枯淡 尚(なお)忘れ難し

忌辰 雨霽(は)れて 祖庭寂(しづ)かなり

恭(うやうや)しく献(けん)ず 爛柴(らんさい)一弁の香(こう)」

blog-DSC02397.jpg

 本堂には、文豪・夏目漱石(金之助)が親交のあった先々代の住職様に

宛てた手紙が表装されて掲げられていました。

blog-DSC02404.jpg

 帰源院の境内には「瑞石庵」という「わび・さび」の象徴のような

茶室があります。(一般公開はしていません。)

blog-DSC02401.jpg

これがその室内です。

blog-DSC02402_20130917145641f03.jpg

 今日のお軸は、朝比奈宗源老師揮毫の「和敬清寂」でした。






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。