スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月準備(本山)

12月30日(木)


今日は、本山にお正月準備に行って参りました。

blog-056_20101230111633.jpg

 まずは、お正月用の「蓬莱」と呼ぶお菓子を作りました。お正月は、蓬莱とこぶ茶をお出しします。


blog-055_20101230111617.jpg

次に、大方丈に大般若の準備。ちなみに、元日は、午前五時に佛殿で儀式が始まり、舎利殿大方丈の順に

場所を移動して、お経を読んでいきます。一般の方もご覧になれます。2日は、午前六時舎利殿、大方丈

3日は、午前五時舎利殿、大方丈となります。


blog-057_20101230111643.jpg

小方丈の掛け軸をダルマさんに換えました。お正月はダルマさんの掛け軸をかけます。

blog-058.jpg

食堂の掛け軸も換えました。「福海千尋深」と書かれています。

(お知らせ) 明日は、午後二時から佛殿で、除夜念誦があります。















スポンサーサイト

お正月準備

12月29日(水)

blog-055.jpg

 老師に竹を切っていただいて、それに松、熊笹、臘梅、千両を活けてみました。

blog-056.jpg

山門両脇に。

blog-057.jpg

観音様も正月モードになります。





餅つきの風景

 12月27日(月)


今日は、僧堂(専門道場)に餅つきのお手伝いに行ってきました。

blog-054.jpg

 僧堂では、今でも薪で煮炊きをしています。

blog-051.jpg

 餅米をこうやって蒸かしています。

blog-052.jpg

 この臼のまわりに管長さんをはじめ雲水さんなど大勢の人が

集まり、「よいしょ!よいしょ!・・・」のかけ声に合わせて

お餅をついていきます。

 つきあがったお餅を鏡餅やのし餅の形にして出来上がり!









碧巌録51則

 12月19日(日)


 老師が土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 読売の正力松太郎さんが獄中に囚われたとき、

「この時が坐禅をする時だ!」と数息観(自分の呼吸を一つ二つ・・・と数える

呼吸法)に励まれたそうです。

 そうすることで、この先どうなるのか?どうして自分はとらえられてしまったのか?

どうしてこんな目に遭わねばならないのか?・・・と考えれば考えるほど

精神状態が錯乱していくことを避けることができたそうです。


 人間がいろんなことをくよくよと考えるほど恐ろしいものはない。

考えすぎてしまうことから、病になってしまうことも少なくない。


 禪の生き方は、ものを考えずに大自然の中に身を放っていくことだ。

考えない稽古に呼吸を調えたり、数息観をしたりする。


 ものを思わぬのは、仏の稽古なり。


 (後記)

  臘八大攝心も終わりやっと一段落つきました。しばらく更新できませんでしたこと

お詫び申し上げます。

 さて、土曜坐禅会は年内は12月25日が最終日となり、年始は1月8日に再開となります。

 宜しくお願い致します。

 居士林主事 合掌

無門関27則

 12月5日(日)


 老師が昨日土曜坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 「明るく生きることだけが私が子どもにしてあげる唯一のことなんです。」

これは、息子さんが大きな障害を負ってしまったお母さんの言葉です。

「もし、私が暗く沈んだり病気でもしたら、この子は自分のために

母親がこんなになったと自分を責めてしまう。あの子に対して自分は

何もしてあげられない。けれどもせめて自分が明るく生きることだけが

この子にしてあげられることなんです。ですから、明るく生きています。」

 とおっしゃったそうです。


 本当にその人そのことを思うことによって大きな力が明るい力が出てくる。








12月の掲示板

12月1日(水)


blog-048.jpg

 早いもので、もう師走ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。