スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越ししました。

4月17日(木)

blog-DSC03825.jpg

 今日から「円覚寺・居士林だより」が新しくなった円覚寺公式ホームページ内に

引っ越しを致しました。これからは、そちらで更新して参りますので、引き続き

ご高覧の程、宜しくお願い致します。

 円覚寺公式ホームページ ↓

http://www.engakuji.or.jp/blog/
スポンサーサイト

大方丈 一般開放開始

4月15日(火)


blog-DSC03822.jpg

 隠寮(非公開)に牡丹が咲き始めました。4月20日から円覚寺僧堂では1週間の

大攝心(坐禅集中修行期間)となります。今年、道場に入ってきた修行僧にとっては

初めての大攝心です。このはじめの試練を乗り越えると、これらの咲き誇る牡丹の前で

老師といっしょに写真を撮るのが毎年の恒例となっています。

blog-DSC03827.jpg

 さて、円覚寺では、今日から大方丈の一般公開が始まりました。

blog-DSC03828.jpg

 建物にお上がりになって本尊・釈迦牟尼坐像をお参りし

blog-DSC03829.jpg

 廊下から外の庭を眺めることができます。今の季節、モミジの新緑、

カエルの鳴き声、鳥たちのさえずり・・・と自然の美しさに触れて

心洗われるような時間を楽しめます。

blog-DSC03826.jpg

 最後に8分ほどの円覚寺の紹介ビデオを見ることが

できるようになりました。基本的にはいつでも、誰でも自由に大方丈に

入場できますが、ただし、法要や坐禅会がある時は一時的に入場を

差し控えていただくこともあります。

 皆様の来場をお待ちしております。

テレビ放映のお知らせ

4月14日(月)

blog-DSC03810.jpg

タンポポの上で。 居士林

 明日15日(火)、午後8時からBS日テレの番組「わが心の聖地」に

横田南嶺管長が「巡り人」姜尚中さんと出演されます。詳しくは↓

http://www.bs4.jp/seichi/index.html

皆様、ぜひ、ご覧下さいますように。

明日、降誕会です。

4月7日(月)

blog-DSC03780.jpg

スミレ 黄梅院

 坂村真民さんに『大地に花の咲くかぎり』という降誕会をうたった詩があります。以下

印度で芽生えた仏陀の木は

日本に渡ってきて  

初めて本当の花が

咲いたのだ

そのことを世尊は

どんなにかお喜びであろう

この洋上の国を

世尊はこよなく愛して

真の和平平等の花の仏国土を

建設しようと

今も働いています

ああ大地に花の咲くかぎり

仏陀のみ教えは滅びない

それをわたしは確信する

今日四月八日御誕生日に

(坂村真民全詩集第5巻より)

 明日は4月8日はお釈迦様がお生まれになった日です。

 円覚寺では10時から仏殿におきまして横田南嶺管長をはじめ、和尚さんや

雲水さんが出席し、「降誕会(ごうたんえ)」を行います。

 仏殿の須弥壇壇の前には、たくさんの花々で飾った花御堂が置かれ、

その中に天上天下唯我独尊のお像が安置され、お経をあげ、甘茶をそそぎます。

 皆様のご参加をお待ちしております。






 

 













熊野新聞 本紹介

3月27日(木)


blog-DSC03733.jpg

 3月19日付けの熊野新聞10面に横田南嶺老師の著書「祈りの延命十句観音経」が

紹介をされました。以下記事全文です。

「祈りの延命十句観音経」 横田南嶺老師が本出版

 新宮市出身の臨済宗円覚寺派管長、横田南嶺老師の著書「祈りの延命十句観音経」が

このほど春秋社から出版された。税別1000円。203ページ。

 東日本大震災と紀伊半島大水害で「自分自身の一部分を奪われたような衝撃を受けた」と

横田老師。その頃から犠牲者の追悼と復興を祈り「延命十句観音経」を色紙に書き、被災者らに

配っている。これまで出版を断っていたが、「このお経を広めるお役に立てるのなら」と

今回は引き受けたという。

 「観世音/南無仏/与仏有因/与仏有縁/仏法僧縁/常楽我清/朝念観世音/暮念観世音/

念念従心起/念念不離心」

 10句42字に込められた観音さまの心や誓いの言葉を丁寧に分かりやすく解説しているほか

これまでの人生で出会ってきた数々の先輩からの教えを書いている。昨年ふるさと新宮で

行った講演「生きねばならぬ」も掲載している。

 「このたびの震災を機に、あらためて一心に祈る、心をこめて祈ることの大切さを

教わりました。と話す老師。「祈ることは『めげずに生きるぞ』と宣言すること。祈る

ことは決して無意味ではありません。まず、祈る人の心が変わってきます。」(瀬谷 亘)

(後記)

 「祈りの延命十句観音経」ですが、大好評につき増刷も決まりました。

一人でも多くの方がこの本を手にとって読んでいただけたら何よりの

幸いです。

新刊「祈りの延命十句観音経」

3月10日(月)


blog-DSC03478.jpg

 円覚寺派管長 横田南嶺老師の新刊本「祈りの延命十句観音経」が

明日、3月11日、春秋社から刊行されます。今までの法話をまとめたもので、

Ⅰ部では、被災地で「延命十句観音経」がいかに人々のこころの支えとなったか。

Ⅱ部では、老師が「延命十句観音経」をご自身の体験や坂村真民さんや相田みつをさん

などの詩を引用しながら、現代の私たちの心に届くように、優しい言葉で解説をして

います。

Ⅲ部では、新宮市大水害追悼講演会の内容が収録されています。

 明日、行われるご縁のある気仙沼のお寺の震災法要に間に合わすように上梓されました。

皆様もぜひ、ご高覧くださいますように宜しくお願い致します。

(後記)

 明日は、東日本大震災 追悼・復興祈願祭が鶴岡八幡宮にて午後2時40分から

開催されます。鎌倉の神道、キリスト教、仏教が合同祈願を行います。

 犠牲者を哀悼し被災者のみなさまの思いを寄せて、鎌倉の神職、司祭、牧師、僧侶が

心をひとつにいのりをささげます。みなさまもどうぞご参集の上、ともにお祈り下さい。

詳細は公式サイトで↓

http://www.inorikamakura.com

blog-DSC03479.jpg

ミツマタ 於 黄梅院

blog-DSC03480.jpg

ツバキ 於 黄梅院







東北復興祈念 復興市開催

3月7日(金)


blog-DSC03448.jpg

 円覚寺の総門下では、明後日の日曜日、9時から15時の間に、

東北復興祈念の復興市が、僧侶によるボランティア団体「スジャータプロジェクト」

の主催のもと、開催されます。

「スジャータプロジェクト」のブログはこちらです↓

http://blog.livedoor.jp/sujahta_project/archives/cat_450129.html

 復興市では気仙沼産生若布、めかぶ、福島・三春の野菜などが直売されます。

また、当日は、9時から横田南嶺管長の日曜説教会(於 大方丈)10時から

気仙沼の高校生による講演「震災と未来の姿」となっております。

 皆様の温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

(後記)

 スジャータプロジェクトでは奨学金制度を創設して、気仙沼ロータリークラブを通して

被災地の高校生に奨学金をお渡しする支援をしています。

年間数名程度、月額20,000円(返済不要)の持続的に行えるよう奨学金を給付することを

目標に活動をしています。

問い合わせ先は 

スジャータプロジェクト 奨学金事務局

郵便番号 〒259-1103

住所 神奈川県伊勢原市三ノ宮1273 能満寺内

電話 0463-95-0967

 こちらも皆様の温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

 



本日、提唱ございます。

3月1日(土)

blog-DSC03394.jpg

 本日の土曜坐禅会2部(14:40~ 於 居士林)では

円覚寺派管長 横田南嶺老師による「臨済録提唱」がございます。

 また、円覚寺山内は、今、梅の花が一番の見頃を迎えています。

梅花の間をモスグリーンのメジロが飛び交い、まるで詩の世界ような

光景を目にすることができます。

 皆様、ご参加をお待ちしております。



大雪の為、拝観はお休みです。

2月15日(土)

blog-DSC03382.jpg


 本日、円覚寺では、朝から復旧に向けて雪かきをしておりますが、

大雪による落木、落雪、転倒などの危険があるため、

参拝者の安全を考慮し、拝観はお休みとさせていただきます。

(総門が閉まり、境内に入場することはできません。)

 つきましては、土曜坐禅会、土日坐禅会もともに休会となります。

宜しくお願い致します。

blog-DSC03380.jpg

(後記)

 明日は、NHKラジオ第2「宗教の時間」という番組に

横田南嶺管長猊下が出演されます。

 時間は、午前8:30~9:00です。

( 再放送は2月23日(日)午後6:30~7:00 

となっております。)

 皆様、ぜひ、拝聴下さいますように。

また、明日は、京都マラソンの併設大会として「interFaith駅伝~平和を願い祈るの駅伝~」が

開催されます。

 interFaith(諸宗教間交流)駅伝とは、異なる宗教者(仏教・神道・キリスト教等)で

4人1チームをつくり、世界平和を願うタスキをつなぎながらゴールを目指す駅伝です。

マラソンをきっかけに宗教の枠を越えて、世界平和を願うことを目的としています。

 管長猊下も駅伝のタスキをつなぐ走者として出場されます。

猊下が走るコースは第一中継所(仁和寺前)~第二中継所(北山ふれあいセンター前)

となっております。

地図はこちら↓

http://interfaith-japan.com/relay/

皆様のあたたかいご声援、宜しくお願い致します。

雪の為、拝観はお休みです。

2月14日(金)


  本日、円覚寺では、雪による落木、転倒などの危険があるため、

参拝者の安全を考慮し、拝観はお休みとさせていただきます。

(総門が閉まり、境内に入場することはできません。)

宜しくお願い致します。

大雪の為、拝観はお休みです。

2月8日(土)

blog-DSC03302.jpg

<大方丈・裏庭>

 本日、円覚寺では、大雪による落木、転倒などの危険があるため、

参拝者の安全を考慮し、拝観はお休みとさせていただきます。

(総門が閉まり、境内に入場することはできません。)

 つきましては、土曜坐禅会、土日坐禅会もともに休会となります。

宜しくお願い致します。

blog-DSC03284.jpg

<山門から仏殿を望む>

blog-DSC03290.jpg

<雪を避難して、軒のある休憩所で、体を丸めて眠るしいちゃん>










京都マラソン 駅伝

1月30日(木)


blog-image(4).jpg

昨日は東京・渋谷にて京都マラソンのプレス発表が行われました。

京都マラソンの併設大会として「interFaith駅伝~平和を願い祈るの駅伝~」が

開催されます。

 interFaith(諸宗教間交流)駅伝とは、異なる宗教者(仏教・神道・キリスト教等)で

4人1チームをつくり、世界平和を願うタスキをつなぎながらゴールを目指す駅伝です。

マラソンをきっかけに宗教の枠を越えて、世界平和を願うことを目的としています。

blog-image(5).jpg

 全日本仏教会の副会長でもあられる横田南嶺管長猊下も、なんと、タスキをつなぐ

駅伝ランナーとして参加をされます。その記者会見での

管長猊下のあいさつされた内容です。

「宗教というものは、それぞれ世界の平和人類の安寧を祈りながらも、ともすれば

お互いに争いを引き起こしたりしかねません。人類の歴史を見てもその通りです。

 私は鎌倉にあって先年の東日本大震災以来、鶴岡八幡宮様を中心に鎌倉中の神社の

神官や仏教の各宗派の寺院僧侶、それにキリスト教の神父さん牧師さん達が、皆一つに

なって、震災で亡くなった方の追悼と被災地の復興を祈る行事を始めました。そんな体験から

宗派や教義の違い、或いは国境を越えて真実の祈りは共鳴し合い一つになることを学びました。

 そんな折に、このインターフェイス駅伝の話をいただいて、それならば是非とも全日本仏教会を

代表して走ろうと決意致しました。本来ならば会長が出るところですが、会長は九十六歳と

高齢ですので、会長の心を受けて走ろうと思いました。私は禅宗ですから坐ることは得意でも

走るのには慣れていません。また今年五十になりますので、十キロを走るのは容易ではありません。

 しかしながら、全身全霊、渾身の力を振り絞って、世界の平和、人類の安寧、震災で亡くなった方の

ご冥福と被災地の復興とを祈って、お互いの宗派の違いを超えて一つになって祈り走りたいと

思っております。」  

日時は

2月16日(日)9:00 スタート

コースは

京都マラソンのコースと同コース

となっております。

 皆様、応援をくださいますように。

ラジオ収録

1月29日(水)


blog-image (4)

 本日、横田南嶺管長猊下は、渋谷にあるNHKのスタジオにてラジオの収録

に臨まれました。NHKラジオ第2「宗教の時間」という番組です。

 猊下は「初心を忘れず」という題名のもと30分ほどのお話をされました。


 放送日は

平成26年2月16日(日)NHKラジオ第2放送 午前8:30~9:00

 再放送は

2月23日(日)午後6:30~7:00 

となっております。

 皆様、ぜひ、拝聴下さいますように。





 


春季学生大攝心 応募開始

1月19日(日)

blog-DSC03149.jpg

<居士林・水仙>

 円覚寺・居士林で開催される平成26年春季学生大攝心(3月22日~24日)

の応募を開始しました。詳しくは本山ホームページをご覧ください。↓

http://engakuji.or.jp/zazen/#3

blog-DSC03144.jpg

<僧堂・粥坐>

 さて、明朝から26日まで、円覚寺専門修行道場(僧堂)では、

制末大攝心(1週間の集中修行期間)に入ります。

 吐く息も白くなるような、凍てつく寒さの中での坐禅修行です。




成人式のお知らせ

1月10日(金)


blog-DSC03106.jpg

 大本山・円覚寺では今年も成人祝賀の会(成人式)を行います。

日時:1月13日(月) 午後2時受け付け

場所:円覚寺 大方丈

申し込み資格:平成26年4月1日現在満20歳の者で鎌倉市内在住・円覚寺有縁・

又は一般希望者

申し込み要領:1月12日までに円覚寺派宗務本所(tel 0467-22-0478)にご連絡ください。

式次第:①開会の辞 ②記念法話(円覚寺派管長 横田南嶺老師)③記念品贈呈「至誠」の色紙

④祝辞(円覚寺派宗務総長 齊藤宗徹師)⑤謝辞(成人者代表)⑥閉会の辞

⑦記念撮影(受け付け時に写真代として1000円をお預かりいたします。費用はこれのみです。)

その他:記念品の贈呈は当日出席した者に限ります。ただし、病気その他の理由で

出席できない者には代理人の出席を許可します。

(後記)
 
 たった1度の人生の節目に円覚寺の厳かな雰囲気の中で、

管長猊下のお話を聞き、色紙もいただけるという何とも貴重な機会です。

 皆様のまわりにも、今年、成人式を迎える方がいらっしゃるのではないかと

思います。ぜひ、お声掛けくださいますように。

 また、明日から土曜・土日坐禅会(於 居士林)は再開となります。皆様のご参加を

お待ちしております。

年末年始 休会のお知らせ

12月13日(金)

blog-DSC02927.jpg

<円覚寺山内・寿徳庵階段から宗務本所を望む>


 年末年始の土曜坐禅会・土日坐禅会(於 居士林)ですが、

12月21日が年内最後となります。

 年末年始と1週ずつお休みとなり再開は、来年1月11日からと

なります。皆様、宜しくお願い致します。

居士林主事 合掌


blog-DSC02924.jpg

<居士林と仏殿の屋根とイチョウ>


祝受賞 スジャータプロジェクト 

11月6日(水)  その2

  
blog-スジャーた

 平成23年3月11日の東日本大震災を目の当たりにして、「我々は何かしなくてはいけない」

との思いで、建長寺派の若手和尚さんを中心に結成された「スジャータプロジェクト」↓

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/ryukou-matumoto/sujahta.html#sujahta1 

 被災地に赴き、瓦礫の撤去、家屋の解体、炊出し、物資の運搬及び提供など行ってきた

「スジャープロジェクト」がその活動を認められて、今年の全国青少年教化協議会の

「正力松太郎賞」を受賞しました。(略称・全青協)は、正力松太郎氏の提唱により、

仏教教団60余宗派などが協力し、青少年の豊かな生活と未来を願い1962年に結成

(翌1963年設立認可)された財団法人です。詳しくは↓

http://www.zenseikyo.or.jp/

 ↑の写真は、「スジャープロジェクト」の顧問である横田南嶺管長が来賓の代表として挨拶を

されているものです。横田南嶺管長はその挨拶の一部の中で

「 とりわけこの度は正力松太郎賞青年奨励賞と併せて正力松太郎賞特別賞 震災支援功労賞も授与されました。

あの東日本大震災から二年八ヶ月、来春で早や丸三年を迎えようとしています。震災で無くしたもの、失ったもの

が計り知れないものがあります。

しかしながら、震災を機縁に宗教者のとして本来のあり方に気付かされました。現地に行ってともに汗を流し、

ともに悲しみ、ともに祈る、宗派や教義の違いをこえた宗教者の原点を改めて学びました。」

と仰せになられました。

明日、提唱ございます。

10月11日(金)


blog-DSC02638.jpg

 管長さんになでられて。

blog-DSC02635.jpg

 禅の言葉に「飢え来たれば飯を喫し、困じ来たれば眠る」とありますが、

かなちゃんの日常は、大方丈の縁側でゴロリと寝ていて、おなかがすいたら

宗務本所に餌をもらいに行きます。そして、また、縁側に戻ってグッスリと

寝るのを繰り返しています。  

 実はこれが、生きものとして、一番、自然な姿、自然な生き方なのかもしれません。

かなちゃんのまわりには、常にその姿に惹かれて観光客などが集まっています。

 無心にして多くの人を癒していく偉大な存在です。

blog-DSC02633.jpg

 明日の土曜坐禅会2部(14:40~ 於 居士林)では、

横田南嶺管長に「臨済録提唱」をしていただく予定となっています。

 皆様のご参加をお待ちしております。

明日の開山忌の予定

10月2日(水) その2


blog-DSC02467.jpg

<本日、仏殿で行われた宿忌の様子>

 明日の円覚寺・開山毎歳忌の主な予定です。

 午前10時から舎利殿(開山堂)にて大勢の和尚さんが行列をなしながら

お経を読みます。


 終わって、仏殿に移動して(11時前頃から)須弥壇に安置された

開山・仏光国師像の前で読経(この儀式中にに管長猊下が偈{漢詩}

をお唱えになります)。引き続き、北鎌倉幼稚園生による「散華の舞」

(オルガンの演奏にあわせて幼稚園生が舞を舞います。)


 最後に方丈に移動して「四ッ頭」となります。開山様の描かれた掛け軸を掲げて、

それにお膳を捧げ、その前で大勢の和尚さん方が、開山様とご一緒に食事するという

儀式です。特に、きれいな幾何学模様を描くように、左右対照的な動きをしながら、

配膳をしていく4人の雲水さんの動作は、注目の一つです。

 
 円覚寺派をあげての1年で1番盛大な行事です。貴重な機会です。

皆様、ぜひ、ご来山いただきご覧になってくださいますように。










明日から開山忌です。 

10月1日(火)


blog-DSC02455.jpg

 円覚寺では、明日、明後日と開山忌となります。

円覚寺開山・仏光国師・無学祖元禅師の毎歳忌です。

円覚寺派をあげての1年で一番大きな行事であります。

blog-DSC02450 - コピー

開山忌の齊座では、「四ッ頭(よつがしら)」という行事を

行います。それは、方丈中央に開山仏光国師の画像を掲げ、霊前を

お供えして、この場に開山様が居られるが如く厳粛に会食をする

行事です。
 
blog-DSC02451.jpg

 かつてこの行事を一見された考古学者、三上次男博士は「宋代の古式礼法が

化石の如く残っていると思う」と言われました。「四ッ頭」は中国より来朝し

円覚寺開山以来数百年、年々の開山忌で行われてきた古式の食事作法であります。

blog-DSC02457.jpg

 一昨日から今日まで、夕方から、管長さんをはじめ円覚寺山内の和尚さん方、

雲水さんが方丈に集まって、その習礼(予行練習)をして参りました。

blog-DSC02459.jpg


本番は3日の午前12時前頃、開始となります。事前予約制なので

中に上がって拝見することはできませんが、外から様子をうかがうことは

できます。

 ちなみに明日の予定は、午後3時、仏殿から始まり、引き続き

舎利殿にて読経を行います。

相田みつを美術館

9月30日(月)   


blog-DSC02446.jpg

 今朝方、隠寮にお伺いしましたら、管長さんからこの焼き菓子をいただきました。

 先日、管長さんが相田みつを美術館を訪れた際に購入されたもので

相田一人館長が考案されたお菓子とのことでした。

blog-DSC02449.jpg

 なんと!真ん中が空洞になっているお菓子の中に、相田みつをさんの詩が

書かれた紙が入っているではありませんか!なんでも、お菓子を焼く前に

この紙を入れて、そして一緒に焼くそうです。どうして紙が燃えないの?

と疑問に思いますが、相田館長がご苦労をなさって、燃えない紙をさがした

とのことでした。

 このお札のような紙にも焼き菓子の香ばしいにおいがしみこんでいます。

blog-DSC02443_20130930134718fec.jpg

こちらの御本は、管長さんが相田みつを美術館の方からいただいたものです。

 武井哲應老師という方は、相田みつをさんが生涯の師とされた曹洞宗高福寺の禅僧です。

相田さんは、この老師との出会いから、それ以後、四十年、坐禅を続けました。

 相田さんの詩に

「そのときの出逢いが
     
人生を根底から変えることがある
                   
よき出逢いを」

とありますが、まさにこの「出逢い」であります。

blog-DSC02442.jpg

 こちらは普段、管長さんが愛用してる「つまづいたっていいじゃないか

にんげんだものマグカップ」です。

blog-DSC02445.jpg

はがきマット。

 来年の3月4日から東京国際フォーラムにある相田みつを美術館にて

坂村真民さんと相田みつをさんの共同作品展が開催されます。

 横田南嶺管長も開式にあたってのテープカットに出席される予定です。

皆様、ぜひ、ご覧になってくださいますように。


達磨忌のお知らせ

9月12日(木)


blog-DSC02373.jpg

 来月10月5日は、達磨大師がご遷化された日(達摩忌)です。

 今年から、一般の皆様にもこの法要に参加していただきたく

開始時間を早朝から午前10時に変更致しました。

 仏殿に於きまして、横田南嶺管長をはじめ山内お和尚さん方、

雲水さんの参列のもと伝統的な行事が行われます。

 皆様のご来山をお待ちしております。

(後記)
 
blog-DSC02384.jpg

 只今、居士林前の石畳は、拡張工事中です。

これで人がすれ違い、車も通れる幅になります。

土曜坐禅会 再開です。

9月6日(金)


 明日から、8月中の休会を終えて、土曜坐禅会が再開します。

初心者の部(13:20~14:20)、経験者の部(14:40~15:40)

です。皆様のご参加をお待ちしております。

 なお、9月21日(土)は、夏季学生大攝心の為、土曜坐禅会は

休会となります。

 居士林主事 合掌

(後記)

 今年の春、愛媛県にある坂村真民記念館では特別企画展「相田みつをと坂村真民の世界」が

開催されました。 命の大切さを伝える詩人の相田みつをさん(1924~91年)と

坂村真民さん(1909~2006年)の詩や書が展示されました。

 坂村真民さんといえば、横田南嶺管長がこよなく尊敬をし、毎月その詩を揮毫して

黄梅院の掲示板に貼っています。

 なんと、相田さんと坂村さん、このお二人の初めての出会いの場というのは、

この円覚寺なのです!お二人が円覚寺の方丈前庭で写っている写真があります。

 それは、昭和45年8月に紀野一義先生主催の会が円覚寺で開催されたときに

坂村真民先生が講師として招かれ、その会に参加していたのが相田みつをさんで

あったからです。

 その後も何度か会い、相田さんは坂村さんが発行していた雑誌「詩国(しこく)」を愛読。

坂村さんは著書で同じ生き方を送る相田さんに共感したことを記すなど、お互いに認め合っていた

といいます。

 坂村真民さんと相田みつをさんと円覚寺、このようなご縁があるのですね。

 (今度は、東京国際フォーラムにある相田みつを美術館でも同特別展が開催される

予定とのことです。)

blog-DSC02353.jpg

 先日、栃木県の龍王峡という所に行ってきたのですが、

blog-DSC02358.jpg

 なんと、ここにも坂村先生の「念ずれば 花ひらく」の碑が

険しい山道の傍らに立っていました。 


 

追悼講演会

8月28日(水)


blog-DSC02342.jpg

 醉芙蓉 <護国塔前>

blog-DSC02339.jpg

 来月9月4日(水)18時半から和歌山県新宮市の市民会館大ホール

におきまして紀伊半島大水害追悼講演会が行われます。

 新宮市が故郷である横田南嶺管長が講演をする予定です。

来年のカレンダーと盆踊り

8月5日(月)

blog-DSC02175.jpg

 こちらは来年の円覚寺オリジナル卓上カレンダーに掲載される色紙です。

横田南嶺管長が揮毫をされました。

blog-DSC02180.jpg

これが今年の卓上カレンダーです。このような形になり、年末に円覚寺の売店で

販売される予定です。

blog-DSC02173.jpg

 今年も8月15,16,17日に円覚寺・盆踊り大会が開催されます。

時間は午後7時から9時半頃までです。場所は円覚寺山門周辺です。

どなたでも参加することができますので、皆様、お誘い合わせの上

お越し下さいますように。

(後記)

blog-DSC02159_20130805150357e01.jpg

黄梅院の庭にて槙の木を剪定する横田南嶺管長。



鎌倉淡青会公開セミナー開講

7月30日(火)


blog-DSC02130.jpg

<正伝庵・蓮>

blog-DSC02134.jpg


blog-DSC02135.jpg

 今日は午前中、円覚寺・信徒会館2階で鎌倉淡青会主催の公開セミナーが開催されました。

 居士林にも縁がある鎌倉淡青会(東京大学の地域同窓会)が設立10周年を記念して

社会奉仕の一環として誰でも参加できる公開セミナーを立ち上げました。


 これから11月までそれを後援する円覚寺に於いて、月1回、セミナーが行われます。

今回の講演は山崎和男先生(広島大学名誉教授)による「毒にも薬にもなる薬草の話」でした。

100人を超える方々が拝聴されました。

blog-DSC02136.jpg

 今回が開講ということで横田南嶺管長も最初に挨拶をされました。

次回の第2回講演は8月27日(火)午前10時~12時

山口洋一先生(元ミャンマー大使)による「公正・不偏の視点から世界を捉える」です。

 それ以降は

 第3回 9月24日(火) 山本進先生(元 NHK) 「落語四百年」

 第4回 10月29日(火) 庵幸雄先生(元 三菱重工)「ガンと一緒に山登り」

 第5回 11月26日(火) 新村正純先生(元 味の素)「地球を壊さないで食糧問題を解決する」

 以上です。

 参加費用は、無料(ただし通常の円覚寺拝観料はお支払いください)。

 参加を希望する方はメールまたは往復葉書に講演番号・氏名(フリガナ)・住所・年齢・(職業)・

連絡先電話番号を記載してお申し込み下さい。(なお、主催は、円覚寺でなく鎌倉淡青会

ですので、必ずこちらのメールまたは住所に問い合わせください。)


tanseikaisemi@gmail.com

〒247-0056 鎌倉市大船1-26-33 片岡ビル3F

文化交流サロン「光」 鎌倉淡青会公開セミナー係


明日、提唱あります。

7月26日(金) その2


 明日の土曜坐禅会(経験者の部 14:40~)では、

横田南嶺管長による「臨済録提唱」がございます。

 皆様のご参加をお待ちしております。

(後記)

 居士林での土曜坐禅会(初心者の部、経験者の部)は、8月中、休会となります。

再開は9月7日(土)からとなります。また、土日坐禅会(土曜坐禅会・晩の部)は

8月第1週から3週まで休会となります。再開は、8月24日(土)からです。

 なお、9月20日(金)~22日(日)は、夏季学生大攝心の為、

土曜坐禅会・土日坐禅会ともに休会となります。

 宜しくお願い致します。

居士林主事 合掌

BS朝日「いのちを語る」撮影

7月26日(金)


blog-DSC02125.jpg

 今日は、本山の方丈・大書院でBS朝日「いのちを語る」

のTV撮影が行われました。

 横田南嶺管長と為末大さんの対談の模様が撮影されました。

blog-DSC02120.jpg

 為末大さんは、男子元陸上競技選手・400mハードル日本記録保持者で、現在は

スポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中です。

  2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードル

において、世界陸上選手権のニ大会で銅メダルを獲得する快挙を達成。又オリンピックには、

2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した方です。

 「走る哲学者」の異名を持つ為末さんと横田南嶺管長がいのちなどの様々な話題に

ついて対談をしています。

blog-DSC02128.jpg

 放送日は、前編が8月13日(火)、後編が8月20日(火)で

時間は19:24~19:54です。

 皆様、ぜひ、ご覧下さいますように。

8月・休会のお知らせ

7月24日(水)


 居士林での土曜坐禅会(初心者の部、経験者の部)は、8月中、休会となります。

再開は9月7日(土)からとなります。また、土日坐禅会(土曜坐禅会・晩の部)は

8月第1週から3週まで休会となります。再開は、8月24日(土)からです。

 なお、9月20日(金)~22日(日)は、夏季学生大攝心の為、

土曜坐禅会・土日坐禅会ともに休会となります。

 宜しくお願い致します。

居士林主事 合掌

(後記)

blog-DSC02119.jpg

 この度、円覚寺でしか手に入らない新しいTシャツが出来ました。

 横田南嶺管長が揮毫した円相と花押、袖にはみつうろこと「円覚」の

文字が書かれています。

blog-DSC02118.jpg

こちらは「禅」バージョンです。売店にて販売しています。

お土産や贈答品におすすめです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。